人生色々と(18)ー保健所(3)

色々な原因が考えられましたが、

もし、本気で本当に計算したのなら、

その人達はその能力が無いので、

そのままにしておくと、
今後も他人に迷惑がかかるので、

別の業務をするべきだと、
ものすごく強く思いました。

国内の事だけでこんなに馬鹿な結果になるので、

他の部署も国が同じ基準で採用しているとしたら…、
怖いし危ない。

この基準で外交関係人事も、
決定されていたとしたら、
外国は弱い所を見つけてきて、
外圧をかけてくるので、

将来の日本は不安だと思いました。

多分優秀な官僚は、
日本のどこかにいるはず…。

その人に計算してもらいたかった…。

日本を動かす官僚は、
試験合格の技術や頭だけの人たちの集団ではなく、

本当に優秀な人材が必要だと痛感しました。

水族館や動物園の時も、
残業が沢山ありました。

クマノミ事件、マンボウ事件、
タツノオトシゴ事件、イカナゴ/メロド事件、
アユ・ヤマメ事件、タラバガニ事件、
大水槽事件、サメ輸送事件、展示魚移動事件、

大型動物搬入事件、フライングケージ事件、
フラミンゴ事件、キリン事件、ゾウ事件など…

沢山の色々な事件と残業がありました。

そして、夜間だけではなく、
早朝の野生カモシカ事件もありました。

でも、お金より仕事と考えていたので、
ほとんど全てサービス残業でした。

でも、外部団体から動物園が依頼された
早朝5時の野生カモシカ事件の時、

雑談で、残業代が出ないかもしれないと言うと、
外部団体の担当者が、気を使ってくれて、

残業に関しての話を、
園長にしてくれました。

でも、園長は、好きな事をしているのだから、
当然、残業代は無しと言いました。

でも、自分が引き受けたのではなく、
動物園が外部団体から依頼されて、
動物園の命令で、
早朝からの業務でしたが…

でも、面白かったから良いかと思いました。

その話や事件の話は、気が向いた時に…(続く)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント