オーストラリア旅行記 5ーダーウィン(5)

そこにいたのは、キントキ爺。
まあ、夜は暇なので、話をすることにした。

今日してきた事を少し話した後、

キントキ爺が、「何か音がしないか?」と言ってきた。

しばらく黙って耳を澄ました。



何も聞こえない。

でも、キントキ爺は、「地球の中心から、オーと聞こえる。
これは、地球からのメッセージだ。
インドで夫婦で修行してから、聞こえるようになった」と言ってきた。

やはり、怪しい。

「その音は人類への警告で、その事を伝えるのが、
天から自分に与えられた大切な使命と考えている。

ドミトリー(相部屋)に泊まっているのは、
より多くの人々にその事を伝えやすいからだけど…、

今泊まっている所は相部屋なのに、
自分以外には、誰もいない。」と言った。

…ということは、自分がその対象か?
相手のペースに引き込まれないよう警戒した。(続く)
スポンサーサイト