人生色々と(6)ー学生(6)

次は、自分と同じくアクアライフ創刊号からの愛読者の
友人Sと水族館の就職試験を受けることにしました。

試験会場は大学とは離れた地域だったので、
宿泊が必要だったのですが、
うまい具合に友人Sの親戚が住んでいる地域でした。

ホテルに宿泊するのも費用がかかるので、友人Sと一緒に
友人Sの親戚の家に宿泊させてもらう事になりました。
親戚の人は、芸能人との会合があるとのことで、
その日は忙しく、家にいないとのことでした。

家に行くと、寿司がありました。
それを食べて、TVを見て少し休んでから、
夜は何もやる事が無いので、
友人Sと夜の歓楽街に出かける事になりました。
そして、朝まで飲んでいました。

軽い2日酔い状態で
試験会場の水族館に行くと、
数人の同級生と
他の大学の学生が多数受験に来ていました。

そして、面接等の1次試験があり、
酔っていたから良かったのかもしれませんが、
2人とも合格しました。

数日後、2次試験を受ける為
再び友人Sと親戚の家に宿泊しました。

また、親戚の人が忙しく居なかったのですが、
再び寿司がありました。
げんを担いで、
前回と同様の行動をとることにして、
再び夜の歓楽街に飲みに行きました。

翌日、2次試験の為、水族館に行きました。
受験生は自分と友人Sと他の大学の学生の計4人でした。

今度の試験は予想しなかった物でした。
まずは、発声練習をしてからマイクテスト。
聞くとその水族館は、
獣医もショーを行うとのことでした。

試験官が、
自己紹介をしろとマイクを渡してきました。

マイクを上手く受取れず、
落としそうになりながら、
人前で何かをやるのは、
苦手だと考えながら、やりました。

次に試験官が
海水パンツを持っているかと聞いてきました。

事前に持ってくる物は連絡を受けていなかったので、
友人Sと顔を見合わせて「持っていません。」と答えました。

すると、試験官が海水パンツをよこしてきました。(続く)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめteみた.【試験の話ほか(5)】

次は、自分と同じくアクアライフ創刊号からの愛読者の友人Sと水族館の就職試験を受けることにしました。ホテルに宿泊するのも費用がかかるので、友人Sと一緒に友人Sの親戚の家に宿泊させてもらう事になりました。親戚の人は、芸能人との会合があるとのことで、その日は忙?...