記事一覧

オーストラリア旅行記26-メルボルン(7)

モモタロウさんとしばらく話しました。
ひと段落したところで、
飼育係の休憩室に行こうということになりました。

そこには、色々な国の出身の飼育係の人達がいました。
そのうちの1人の東南アジア系の人が、
日本のS水族館で働いていたということでした。

英語が自由に話せると世界が広がるなーと感じました。

ふと、壁に目をやると、写真が沢山貼ってありました。
その中に知っている顔を見つけました。

日本のT動物園のN獣医でした。

オーストラリアの動物などを
飼うに当って研修に来ていたのでした。

複数の日本の動物園から沢山の人が研修に来たそうです。

N獣医を知っていると言うと、
お別れ会のエピソードを教えてくれました。

いつものダンディなN獣医では考えられないのですが、

研修が終わり、パーティをした時

「みんなと別れたくない」と大泣きしたそうです。

でも、雰囲気の良いこの環境下なら、
ここに来るとみんながこの動物園を好きになると思いました。

尊敬する元Y動物園のK獣医は、
研修成果を忘れないため
メルボルン動物園の服を愛用していました。

自分も大森山動物園で働いた時、
しばらくはメルボルン動物園で買ったテンガロンハットを、
かぶっていました。(続く)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン
福岡生まれで、
大阪育ち。

長年、
水族館・動物園に
獣医として勤務。

短期間だが、
犬猫行政、
食品衛生業務も勤務し、

その間、
犬猫のしつけを勉強。

その後、長年、
沖縄・東北等の
動物病院で勤務。

現在、秋田市で
アズ動物病院を開院。

先祖は、福岡の
猫尾城主をしていました。

水族館、動物園、犬猫行政、
食品衛生業務、勤務医、
開業を経験し、
先祖が殿様という獣医は、
珍しいかもしれません。

詳しいことは動物病院HPで。

題名のとおり色んな事を
書いていく予定です。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、リンクはフリーですが、
リンクした場合、
知らせてもらえれば、
嬉しいです。

古い順から並んでいるので、

最新記事は、
右のサイドバーの
一番上にあります。