オーストラリア旅行記25-メルボルン(6)

カモノハシは、デリケートな動物なので、
お客さんに見せる時間が決まっていました。

カモノハシ
それ以外は、裏で休んでいました。

展示場はプールになっていて、
泳ぐことが出来るのですが、
展示時間が終ると、
食事に釣られて裏の寝床に行きます。

裏の寝床に行く通路は、
車のワイパーのゴムみたいなのが、
付いていて、寝床に行く途中で、
カモノハシの体が水切りされて、
乾燥した状態で寝床に行くのでした。

通路を進むと、
巣材の入った小さな箱があって、
そこにカモノハシが入ると蓋が閉められました。

その小箱をモモタロウさんは、
無造作に保管場所に置きました。

そこにはカモノハシが寝る小さな箱が数個ありました。(続く)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント