記事一覧

オーストラリア旅行記22-メルボルン(3)

 翌朝、「よい日を」と言いながらフロント係が、
オレンジジュースを手に笑顔で待っていた。

朝食代わりに購入し「今日から動物園実習だ。」と話した。

メルボルン動物園に到着すると、
ゲートで待っていてくださいと言われた。

すると30歳位の金髪の白人男性が来て、
「今日案内するキューレーター(学芸員)です。
どんな事を勉強したいですか?」と聞いてきた。

「獣医学と教育普及活動です。」と答えた。
「分かりました。今から低学年の教室があるので、
それに参加してもらいましょう。」と言われ、
サルの絵の付いた小冊子をもらった。
「今日はサル学です。こっちに来て下さい。」と言われ
ついて行った。

そこには動物の標本などが沢山ある
小さな部屋だった。

もう子供達は集合していたのだが、
ビックリした。

小学生位だったが、サングラスをしていたり、
ピアスしていたり、刺青をしていたりして、
日本とは違う?
いや昔の日本とは違うかもしれないが、
今の日本はこんな感じ?
とかを考えていると、
その集団の中に入るように言われた。

自分は背が高いが、小さくなりながら、
「ハーイ」と言って、その集団に入った。(続く)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン
福岡生まれで、
大阪育ち。

長年、
水族館・動物園に
獣医として勤務。

短期間だが、
犬猫行政、
食品衛生業務も勤務し、

その間、
犬猫のしつけを勉強。

その後、長年、
沖縄・東北等の
動物病院で勤務。

現在、秋田市で
アズ動物病院を開院。

先祖は、福岡の
猫尾城主をしていました。

水族館、動物園、犬猫行政、
食品衛生業務、勤務医、
開業を経験し、
先祖が殿様という獣医は、
珍しいかもしれません。

詳しいことは動物病院HPで。

題名のとおり色んな事を
書いていく予定です。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、リンクはフリーですが、
リンクした場合、
知らせてもらえれば、
嬉しいです。

古い順から並んでいるので、

最新記事は、
右のサイドバーの
一番上にあります。