オーストラリア旅行記18-カンガルー島(4)

 次の日、小屋の前の木にいるコアラをを見た。

カナダ人に、コアラの事を聞くと、
気がついていたらしく、
「コアラは3日間同じ木に同じ姿勢でいたねー。」
と言った。

その時フト気がついた。
英語圏の人と普通に話をしていることに…。

英語で会話するコツが分かった気がした。

間違っていても、
ゆっくりしゃべれば、通じると感じた。

相手が言っている事が、
分からない時はソーリーと言えば
分かりやすく、ゆっくりとしゃべってくれたり、
あるいは、言い換えて
分かりやすい単語を言ってくれた。

でも、一番大切なのは
ジェスチャーと紙と鉛筆
そして、今回大活躍したのが、辞書。

何を言っているか、分からなければ、
最後には相手が
英和辞書を引いて、指さしてくれた。

次の予定は、メルボルン動物園で実習。
でも、英会話のコツはつかんだので?
これで、動物園・水族館実習は乗り切れると感じた。

そんな事を考えていると、
とうとうガイドが迎えに来た。(続く)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント