礼儀正しい犬

 その日の朝、病院の前に一頭の犬がいました。
病院のドアを開けると、その犬は、
そのまま病院内に入ってきました。

見覚えがない赤い首輪をした犬で、良い子でした。
少し預かることにしました。

しばらくたつと、電話がなりました。
「犬が逃げたのですが、そこにいませんか?」

「何か特徴はありますか?」

「赤い首輪をしている。」とのこと。
すぐに迎えに来てもらいました。

耳を掻いていたので、飼主様に聞くと、
以前より痒がっていたとの事。

今まで、動物病院には行ったことがないが、
気にはなっていたとの事。

ついでということで、
治療を希望されたので、耳の治療をしました。

その時、気がつきました。

ワンちゃんが、調子が悪かったので、病院に来たかったのだと…。

治療も終わり、
飼主様には、もう逃げられないようにして下さいと話しました。

帰る時、ワンちゃんが、何回もこっちを向いて気にしていました。

耳を治療されるのを嫌う子が多いが、
あの子はおとなしかったなあーと思っていると、

1時間後、病院の前に赤い首輪をしたあのワンちゃんが…。

飼主様は分かっていたので、すぐに連絡しました。

今度は、飼主様は手土産を持って来ました。

その時、また気がつきました。

ワンちゃんが気にしていた事を…。

それ以降、そのワンちゃんは逃亡しませんでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: ミラクルベービー

動物園の勤務時代に
牙も生えていない
1歳未満のゾウを
育てたことがあります。
最初、自分より背が低かったのが、
哺乳しているうちに、
自分より背が高くなりました。

その後、歯の病気になり、
麻酔を10回以上かけて、
治療しました。

今、そのゾウは大森山動物園で
元気にしています。

ミラクルベービー

ワンちゃんの心温まるお話ですね。
ワンちゃんも病気を治したい気持ちがあるのでしょうが、
良く病院が分かりましたね。
心優しい先生で良かったですね。

まさかゾウさんは来ないと思いますが、
今シドニーはミラクルベービーの話題でいっぱいです。
体内で死んだと診断された赤ちゃんが、
昨日朝産まれて来ましたが、まだまだ安心できません。
今日記者会見が行われて何とか一日目は過ぎましたが。

毎日特別レポートをする予定です。
良かったらゾウの赤ちゃん見に来て下さいね。