プーちゃんの癌の話

いつも、元気で、人懐っこく、
食欲の良いワンちゃんのプーちゃん。
尿が、赤いと言って診察に来ました。

エコーで見ると、膀胱内に影が…。
膀胱造影をしてみると…やはり、膀胱の腫瘍の疑いが強い。
病理診断を兼ねて、手術で膀胱を切開しました。
すると、大きな塊が…。
その怪しい部分を病理検査にまわしました。

結果は、膀胱の扁平上皮癌。
腫瘍は、大きく広がり、予後はあまり良くありません。

抗癌剤は高価で、副作用もあります。
癌に勝つ可能性もあるが、
負ける可能性もあります。
だから、あきらめる飼主様もあります。

でも、プーちゃんの飼主様は
「プーちゃんなら食欲もあり、元気なので大丈夫。」ということで、
癌と戦う事を決心しました。

その後、何回も再発し、何回も手術、抗癌剤を行いました。

その結果、何年も元気で、癌も落着いていました。

プーちゃんは、いい子で、
いつも、診察時には元気をもらっていました。

しかし、飼主さんが東京に引っ越すことになりました。
東京でプーちゃんは、元気だったのですが、
一応、扁平上皮癌ということで、
大きな動物病院に行かれました。

その病院で「膀胱の扁平上皮癌で数年以上
元気で生きているはずがない。
おそらく、膀胱の扁平上皮癌ではないでしょう。」
と言われたそうです。

そして、その病院で再検査する事になったそうです。

結果、やはり扁平上皮癌でした。

その病院から「ビックリした。」との電話があり、
自分も「良い経過でビックリしています。」と話しました。

ただし、その後やはり再発し、尿にまで癌細胞が出てきて、
現在、抗癌剤を続けているとの連絡がありました。

扁平上皮癌…、手強い相手ですが、
プーちゃんなら大丈夫でしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント