FC2ブログ

記事一覧

オーストラリア旅行記(33)-シドニー

そして、次の目的地シドニーに向かいました。

まずは、宿を確保して、街の探索に出かけました。

そして、ボンダイビーチに行き、
大きなカニの料理を食べた後、
水族館に行くことにしました。

そして、アンダーウォーターワールド水族館に行き、名刺交換をしました。



忙しい所、
バックヤードやなど色々と案内してもらった後、

ちょうど、メジロザメの搬入があったので、
見学させてもらいました。

そして、
貴重なサメの腸洗いを見ました。

サメやエイ類の腸は太く短く、
内面に、らせん弁というひだを持っています。

それは、腸の表面積を大きくして、
栄養を吸収するための仕組みだそうです。

特に、メジロザメ科とシュモクザメ科では、
らせん弁が特殊化して紙巻状になっています。

サメの腸洗いとは、
未消化物や寄生虫などを排出するため、
この腸を肛門から出し入れするそうです。

自分は、サメが好きなので、
職員とサメの話で盛り上がり、
搬入風景は、ゆっくりと見れませんでした。

事務所で、コンセプト、
将来構想を詳しく聞き、沢山の資料ももらいました。

そこでも、サメの話の続きをしたので、
気が付くと、何時間もたっていました。

そして、
職員にサメが好きですねと言われました。

最後に、御礼という事で、
日本から大量に持って来た、
馴染のお土産用の和紙の栞を渡しました。(続く)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

下のマークをクリックすると、               

ジャンルランキング

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン
福岡生まれで、
大阪育ち。

長年、
水族館、動物園に
獣医として勤務。

短期間だが、
犬猫行政、
食品衛生業務も勤務し、

その間、
犬猫のしつけを勉強。

その後、長年、
沖縄、東北等の
動物病院で勤務。

現在、秋田市で
アズ動物病院を開院。

先祖は、福岡の
猫尾城主をしていました。

水族館、動物園、犬猫行政、
食品衛生業務、勤務医、
開業を経験し、
先祖が殿様という獣医は、
珍しいかもしれません。

詳しいことは動物病院HPで。

題名のとおり色んな事を
書いていく予定です。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、リンクはフリーですが、
リンクした場合、
知らせてもらえれば、
嬉しいです。

古い順から並んでいるので、

最新記事は、
右のサイドバーの
一番上にあります。