FC2ブログ

記事一覧

人生色々と(82)-動物病院(14)

動物病院を色々見学しましたが、
酒酔いの臭いを消すためのマスクをして
タバコを吸い、ビールを飲みながら診察する所。

院長の小型犬が院内を自由に走り回り、
自由に糞尿をしたり、人の足を咬む犬だったので、
院長が患者さんに「糞とか尿を踏むなよ!」
「咬まれない様にさっと帰れ!」と
言うようなアットホーム?的な所。

飼主の事を聞かないで、獣医師先導で診察治療する所。

そして、少し有名な動物病院での事ですが、

そこの入院舎は、人が入れない位のゴミ山でした。

誰も入れないので、点滴を流したまま、
入院動物はそのままになっていました。

面接の時に、ちょうどTV局が取材に来たのですが、
職員総出で、取材の時にゴミを片付け、消臭剤を撒いて、
取材が終ったら、
何故か再びゴミやガラクタを入院舎に戻した所。

院長だけが手術して、
数年勤務している勤務医でも、
簡単な手術しかさせてもらえない所。
これは沢山の動物病院で見られました。

勤務医が雑用だけで診察もさせてもらえない所。

院長に指示を仰がないと治療できないので、
数人いる勤務医が診察して、
それから院長室の前に並んで指示を仰いでから治療する所。

患者様の可愛がっている子を、
学会で発表する材料としか考えていない院長。

「開業するまで、複数の病院で代診した方がいいのか、
1ヶ所で長年勤務した方がいいのでしょうか?」
と参考意見を聞いただけなのに、

何故か被害者意識が強く、
「1ヶ所で悪かったな。」と言ったとたん、
急に怒り出した女性院長。

獣医雑誌等で、
よく名前を見かける有名動物病院に面接に行った時、

院長が、
「経験上40歳以上になると、
新しい事は覚える事が出来ない。」と言ったので、

獣医学は、進化しているので、
その進化についていけないと言っているようなもので、
違和感を感じました。

でも、その病院は院長が進化できないらしいので、
自分とは、考え方が違うので、
見学だけで終わりました。

別の所では、金儲け主義的で、
入院と手術が一番儲かるので、
その部分に力を入れている所。
その、病院は
複数の病院を経営しているので、
院長と巡回したのですが、

ある分院の入院舎が空だったので、
そこの分院長が、

院長から「入院舎は満杯にしなさい。」と言われて、
しばらく見学させてもらっていると、

入院が必要か?と思うような軟便の子や、
足が少し痛いという子など次々に入院になり、
すぐに入院舎が満員になった所。

そして、本当にびっくりしたのですが、
平気で、血液検査結果などを改ざんする所。

そこで働く職員に聞いた所、
病気判定の陽性のキットと陰性のキットを保管していて、

金持ちそうな人に対して適当に病気の陽性の患畜を作り、
治療を開始し、治したり、

血液検査の数値を良くしたり悪くしたり…、

でも、名医として知られていましたが…

などなど、本当に日本は広い…

まだまだ、
色々な動物病院がありました。

でも、
これ以上の詳細は、
秘密保護法に当たるかもしれません。

だから、
勤務する動物病院は、
時間をかけてでもいいから、
慎重に選ぼうと思いました。(続く)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

下のマークをクリックすると、               

ジャンルランキング

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン
福岡生まれで、
大阪育ち。

長年、
水族館、動物園に
獣医として勤務。

短期間だが、
犬猫行政、
食品衛生業務も勤務し、

その間、
犬猫のしつけを勉強。

その後、長年、
沖縄、東北等の
動物病院で勤務。

現在、秋田市で
アズ動物病院を開院。

先祖は、福岡の
猫尾城主をしていました。

水族館、動物園、犬猫行政、
食品衛生業務、勤務医、
開業を経験し、
先祖が殿様という獣医は、
珍しいかもしれません。

詳しいことは動物病院HPで。

題名のとおり色んな事を
書いていく予定です。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、リンクはフリーですが、
リンクした場合、
知らせてもらえれば、
嬉しいです。

古い順から並んでいるので、

最新記事は、
右のサイドバーの
一番上にあります。