人生色々と(78)-動物病院(10)

初日の朝、開院前に挨拶に行くと、
病院は開いていましたが、
誰もいませんでした。

誰か来るまで待とうと思い、
待合室の長椅子を見ると、
何か臭い臭いのする汚れた毛布が、
置いてありました。

その毛布をよけて座ろうとしたら、
その中に無精ひげの生えた男の人が、
寝ていました。

びっくりしていると、
その病院の勤務医で、
徹夜をしたとのことでした。

その病院は、
「朝から夜中まで診察する。」
というのも売りでしたが、
数ヶ月前に数人の勤務獣医さんたちが、
一斉に辞めたそうです。

その為、
獣医は院長と勤務医の2人しかいないので、
夜間は院長は家に帰るので、
朝から勤務している勤務医が、
深夜も診察しているとのことでした。

そして、勤務医は1人だったので、
労働基準法は全く関係なく、
365日24時間勤務みたいなかんじでした。(続く)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント