人生色々と(76)-動物病院(8)

日本語タイムになった時、
副院長様の専門医様のO獣医様様様に、
「診察時とオフの時の雰囲気が違いますね。」というと、

副院長様の専門医様のO獣医様様様は、
「当たり前だ。それがプロだ。」と仰せになりました。

上から目線と言うと、
一般人素人のある動物関係の団体を思い出しますが、
日本は広い…、

獣医師の中にも、上から目線の人はいる。

今まで、
優しくて素晴らしくて良い獣医さんたちしか、
見た事が無かったので、

エリート意識が凄くて、高慢で嫌な獣医さんも居る!
という感動を受けました。

副院長様の専門医様のO獣医様様様と出会う前は、
S動物病院に勤務したいと考えていたのですが、

ハイグレードな
副院長様の専門医様のO獣医様様様のレベルが高すぎて、
御一緒に勤務できないと考えさせてもらいましたので、
院長にその旨をお話しさせてもらいました。

その時に、院長に、
「副院長のO獣医に獣医学を、
教えてもらっていますか?」と聞いたところ、

「自分より知識と技術があるので、
教えてもらっている。」と答えられました。

残念…。

ちなみに、
先日、S病院のHPを拝見させて頂いたら、
前院長は、引退し、専門医様のO獣医様様様∞が、
院長様様様∞となられていました。

そして、
「実際とは違うのを、信じさせるのが、
プロだ。」との信念を持った
営業スマイルの専門医様のO獣医様様様∞が、
もしかすると、
上から目線のある動物愛護団体の
D団体様の様に、
まだ様が足りないかもしれない位、
お偉い様様様が、

「人間と動物の喜びのため、
心豊かな地域社会づくりを目指し、
コミュニケーションを大切にし、
動物とそのご家族のQuality of Lifeの助けを…。」と
やはり、得意の英語を混ぜて、
営業用の言葉で、、ビックリするような事を、
お書きになられていました。

残念…。

一味違う動物病院。

そんな動物病院があるという事は、
興味深いのですが、
O獣医様様様∞のような
上から目線のお偉いさんとは、
今後一切、関わりたくないです。 (続く)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント