記事一覧

人生色々と(75)-動物病院(7)

そして、副院長様の専門医様のO獣医様様が

「もうすぐ海外研修に行くから、
今から英語のみの会話にする。」と
仰せになられました。

「えっ?日本語をしゃべってはダメなのですか?」と
母国語の日本語で、
副院長様の専門医様のO獣医様様様に、
お聞きしたのですが、全く無視されました。

お聞きになっていないのではないか?と思い、

「英語のみで会話するのですか?」と
再び、ゆっくりと母国語で、
副院長様の専門医様のO獣医様様様のお耳に届くように
お伺いしたのですが、反応はありませんでした。

そして、冗談かと思っていたのに、

S動物病院の勤務獣医たちが、
外国語の英語のみで会話をしはじめました。

その上、びっくりした事に、
副院長様の専門医様のO獣医様様様が、

時々片言英語で、
笑えないような、つまらないジョークを、
ご発言さなされた時、

驚いたことに、周りの獣医たちは、
アメリカ人の様に、手を叩いて大声で、笑っていました。

不思議な事に、室温は低くはないのですが、
幽霊が出てきたか、風邪をひいたかと思うくらい、
ゾッとして、背筋が寒くなりました。

副院長様の専門医様のO獣医様様様クラスの素晴らしいまでの

変な自信とハイレベルな片言英語…感動しました。(続く)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン
福岡生まれで、
大阪育ち。

長年、
水族館・動物園に
獣医として勤務。

短期間だが、
犬猫行政、
食品衛生業務も勤務し、

その間、
犬猫のしつけを勉強。

その後、長年、
沖縄・東北等の
動物病院で勤務。

現在、秋田市で
アズ動物病院を開院。

先祖は、福岡の
猫尾城主をしていました。

水族館、動物園、犬猫行政、
食品衛生業務、勤務医、
開業を経験し、
先祖が殿様という獣医は、
珍しいかもしれません。

詳しいことは動物病院HPで。

題名のとおり色んな事を
書いていく予定です。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、リンクはフリーですが、
リンクした場合、
知らせてもらえれば、
嬉しいです。

古い順から並んでいるので、

最新記事は、
右のサイドバーの
一番上にあります。