人生色々と(63)ー保健所(40)

周りの職員とは雰囲気が違いましたが、
リラックスして良い仕事が出来るように、
長年着慣れた作業着を着て、
ネクタイをしないで、
事務仕事をしていました。

保健所職員の中には、
ネクタイをしろと言う人も少数いました。

「自分は、ネクタイが苦手だし、

作業着も制服という事で、
市から支給されている。

市役所は、自分がこの部署に最適だから、
指名してきたので、

それに答えて、最高の仕事をするため、
自分流の仕事の仕方で、やらしてもらう。

文句があるなら、市の上層部に言って下さい。」

と文句を言ってきた人には、説明しました。

でも、自分は事務仕事に、
不向きなのは知っていました。

努力しても、事務仕事中は、
眠たさに勝てませんでした。

でも、いい方法を見つけました。

以前より、
ペン回しをしている人を見かけていました。

事務仕事中の眠気予防と頭の体操の為、
指でペンを回しをしてみる事にしました。

最初は、出来なかったのですが、
何回もしているうちに、
ペン回しは、出来るようになりました。

そして、事務仕事中でも、
ペンを持って、回していれば、
ある程度は起きれるようになりました。

でも、秋田市人事課は、
ペンを回す自分を、
この部署に回す位なので、
見る目が無いと思いました。(続く)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント