記事一覧

オーストラリア旅行記 7ーカカドゥ(1)

その、男性とは、しばらく
Fosters(ビール名)やXXXX(ビール名)、
その他、地ビールを飲みながら話をしていたが、
「おさびし山の歌」が大音量で流れていたので、
何を話していたかは忘れた。

次の日の早朝、ホテルに荷物を預かってもらい、
貴重品と着替えを持ち、
カカドゥに行くための集合場所で待っていると、
カウボーイハットを被り、髭をたくわえた
中年男性のガイドが、大きなバンパー付きのワゴン車から、
「グッダイ マイト」と言いながら、降りてきた。

アメリカ人には、「グッダイ マイト」
Good Die Mite(=よい 死 ダニ)
と聞こえると思う。

オーストラリア英語の辞書がある位、訛り(なまり)があり、
(でも、オーストラリアで語学留学している日本人が沢山いた。
まあ、訛りがあっても、大きな違いは無いので、
それはそれで良いと思う。)

A(エ)をE(ア)に発音するので、
「グッド デェー メェート」
Good Day Mate(こんにちわ、皆さん)と言っているのでした。

だから、オーストラリア人が、I’m going to the hospital today.
(=私は今日病院に行く。)と言うと
アメリカ人には、 I’m going to the hospital to die.
(=私は病院に死にに行く)と聞こえる、
という有名なジョークがある。

英語は色々な国で使われているのだが、
それぞれ国により、訛りがあり、
使い方、書き方が違い、面白い。

イギリスとアメリカでは、1階の言い方も違うし、

以前ブルネイ王国に行った時、
タクシーはTAKUSI(英語で書くと、TAXI)、
水族館はAKUARIUMU(英語はAQUARIUM)と、
英語の発音を、そのままローマ字で書いてあった。
ブルネイの話は気が向いた時に。

ツアーはネイティブの英語圏の人ばかりで、
英語の不自由な人は自分だけでした。
だから、聞きなおす時などに使う
ソーリー、パードン、エックスキューズミーという単語だけは、
発音が上達した。

街を出るとすぐに、カンガルーがいたので、
ルーといえば、カンガルーの発音と聞いていたので、
発音を試したかったので、
「ルー(カンガルー)がいる。」と気軽に言ったら、
ガイドが「あれは、ワラルーだ。
カンガルーとワラビーの中間の大きさのものはワラルーだ。」と訂正された。

街を出てからは、何処まで行っても、赤い大地が広がっていた。
小声で「赤い」とガイドに指摘されない様に言ったら、
皆が、「何処まで行っても、全て赤い赤い」と言って盛り上がった。(続く)

kakado
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン
福岡生まれで、
大阪育ち。

長年、
水族館・動物園に
獣医として勤務。

短期間だが、
犬猫行政、
食品衛生業務も勤務し、

その間、
犬猫のしつけを勉強。

その後、長年、
沖縄・東北等の
動物病院で勤務。

現在、秋田市で
アズ動物病院を開院。

先祖は、福岡の
猫尾城主をしていました。

水族館、動物園、犬猫行政、
食品衛生業務、勤務医、
開業を経験し、
先祖が殿様という獣医は、
珍しいかもしれません。

詳しいことは動物病院HPで。

題名のとおり色んな事を
書いていく予定です。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、リンクはフリーですが、
リンクした場合、
知らせてもらえれば、
嬉しいです。

古い順から並んでいるので、

最新記事は、
右のサイドバーの
一番上にあります。