ゾウの牙治療

大森山動物園勤務時代の名刺には、自分の描いたゾウのイラストが、付いています。今回は、ゾウの話をします。秋田市の大森山動物園には、2頭のアフリカゾウがいます。名前はオスが『ダイスケ』、メスが『ハナコ』。ちなみに、名前は、漫才コンビの『宮川大助、花子』とは関係なく、公募で決まりました。その、『ダイスケ』が牙を折り、炎症を起こしました。犬や猫では、歯が悪い場合は、特殊な場合を除いて投薬か歯を抜くか削った...

礼儀正しい犬

 その日の朝、病院の前に一頭の犬がいました。病院のドアを開けると、その犬は、そのまま病院内に入ってきました。見覚えがない赤い首輪をした犬で、良い子でした。少し預かることにしました。しばらくたつと、電話がなりました。「犬が逃げたのですが、そこにいませんか?」「何か特徴はありますか?」「赤い首輪をしている。」とのこと。すぐに迎えに来てもらいました。耳を掻いていたので、飼主様に聞くと、以前より痒がってい...

沖縄メモー琉球料理乃山本彩香閉店

   演出家の宮本亜門さんが沖縄で母と呼び、山本さんの料理が食べられるうちは沖縄を、離れないとまで言った「琉球料理乃山本彩香」が2009年8月閉店した。   元々は琉球舞踊家として、名声をがあったのだが、沖縄の伝統料理が本土料理に変化していくのを憂いて、伝統料理を残すということで料理の道を歩まれた方で、沖縄では超有名人の山本彩香さん。 沖縄の動物病院で勤務していた時、選んだわけではないのだが、何故...

魚を捕りに行った話。

 宮城県にあるマリンピア松島水族館勤務時代の話。松島水族館は歴史が長く、職員も優秀で良い水族館です。ある時、係長が担当するクマノミの孵化がはじまりました。クマノミの稚魚をそのままにしていると、死ぬことがあるので、孵化したらすぐに稚魚を別水槽に移さなければ、いけません。孵化は夜遅くになるので、係長が1人で待機して作業をやると言っていましたが、見たかったので、自分も残ることにしました。孵化は夜中の0時...

オーストラリア旅行記 4ーダーウィン(4)

朝、何処にいくか考えた。そうえいば、ホテルに水族館のパンフレットがあった。まずは、街を探索して午後から水族館に行くことにした。日本とは家の形が違うなーと思いながら、歩いていると、財布を手に持ち、裸足で歩いている人が多くいた。郷に入りては郷に従えなので、真似をしようと考え、財布はシッカリ手に持った。が…、裸足は怪我しそうなのでやめた。街で「カカドゥキャンプツアー」という看板を見つけた。その店に入り、...

オーストラリア旅行記 5ーダーウィン(5)

そこにいたのは、キントキ爺。まあ、夜は暇なので、話をすることにした。今日してきた事を少し話した後、キントキ爺が、「何か音がしないか?」と言ってきた。しばらく黙って耳を澄ました。…何も聞こえない。でも、キントキ爺は、「地球の中心から、オーと聞こえる。これは、地球からのメッセージだ。インドで夫婦で修行してから、聞こえるようになった」と言ってきた。やはり、怪しい。「その音は人類への警告で、その事を伝える...

オーストラリア旅行記 6ーダーウィン(6)

キントキ爺は宗教の話を絡めて人類を救うと話しだした。流れを止めようと、学校で歴史か何かで、勉強した事を思い出した。「宗教は色々あるが、大乗仏教、小乗仏教のどちらが、良いか?」と聞くと、「大乗?小乗?」と言ったままキントキ爺はしばらく黙り込んだ。「まあ、今日は遅くなったので、ソロソロ寝るか?」と言って帰った。やはり、怪しかったと思いながら、学校の勉強というのは、思わぬ所で役に立つ。一時はどうなること...