病院VS外車

 1週間前、突然物凄い音がして病院が揺れた。何か落ちたのか、ぶつかったのか、雷か?と思っていると、入口から年配の女性が「ここは何の建物?」と言って入ってきた。「ここは動物病院ですが…」と答えると、「少し自分の車がぶつかったんだけど」と女性が言ったので、その少しぶつかった箇所を見に行きました。ボイラー室があったはずの場所に彼女の赤い車が止まっていました。病院の隣が郵便局なのですが、女性は「郵便局の駐...

「東北地方太平洋沖地震」

「東北地方太平洋沖地震」では、ご心配をおかけしております。震災があった日は、ハムスターの足に出来た大きな腫瘍切除の手術を終わり、通院患者さんを診察し終わったところで、患者さんから待合室のテレビで宮城に地震があったと聞いた数秒後に揺れを感じ、停電となりました。手術中でなくて助かりました。何故かアロマキャンドルが病院にあったので、アロマキャンドルの明かりの中での診察でした。暗い中、普通に診察していまし...

天皇陛下の警護(2)

公務員時代の話。天皇陛下が秋田に来ることになりました。そうすると、関連の地方公務員は、天皇陛下のために働くことになります。自分の担当は食事の衛生管理と、陛下が通られる沿道に不審な物がないようにする事でした。護衛なら、陛下の顔がじかに拝めると楽しみでした。陛下に何かあっては大変なので、計画、連絡、調整等の業務で大忙しでした。まずは、1ヶ月前より陛下が通られる沿道の雑草、ゴミを取除く作業が関係者により...

人生色々と(1)ー学生(1)

今年の2月の秋田は、雪の中ですが、沖縄に住んでいた時は、2月と言えば、花見のシーズンで、よく名護に桜の花を見に行っていました。そして、桜といえば、色々な受験を思い出します。現在は、秋田に住んでいますが、高校卒業までは大阪に住んでいました。現在、朝起きは平気ですが、中学校の時は「オールナイトニッポン」、「MBSヤングタウン」、「鶴瓶・新野のぬかるみの世界」、浜村淳の「サタディ・バチョン」などのラジオ...

人生色々と(2)ー学生(2)

将来の夢として、3つありました。まずは、アメリカのTV番組の「奥様は魔女」が好きで、よく見ていたのですが、広告代理店勤務の主人公の夫が色々なアイデアを出すのが、面白いと思い、広告代理店の博報堂で勤務かコピーライターになりたい。次に、映画が好きでよく見るのですが、現在、映画と言えば、アメリカ映画。でも、映画と言えば日本の映画となるように、良い映画を制作したい。次に特にジョイ・アダムソンの「野生のエル...

人生色々と(3)ー学生(3)

そして、本屋に行き、なんとなく色々な大学の入試問題集の赤本を適当に選んで、眺めていました。分かりやすく、好きで何度も読み返した英語と数学と理科の参考書が数冊ありました。各教科の出版社は違いましたが、その参考書で勉強した内容の問題が、全教科とも過去3年間出ている問題集がありました。その問題集の大学名を見ると、北里大学獣医学部と書かれてありました。それを見た時に、この問題を作製している人たちと感性が同...

人生色々と(4)ー学生(4)

青年海外協力隊で、外国で仕事をしようと思いました。そして、友人Iと受験を申込みました。当然、友人Iは獣医部門の受験を申込みましたが、自分は、魚が好きだったし、南国の海での生活に憧れがあったので、南国での魚の養殖関係部門の受験を申込みました。試験当日、自分が運転する車で、友人Iと青森市の試験会場に行きました。車の中で友人Iに問題を出してもらいながら行きました。友人Iは車の中で参考書の文字を見ていたの...

人生色々と(5)ー学生(5)

問題を見ていくと、獣医部門は何とか書けそうでした。困ったと思い試験官に試験分野の変更は可能かを聞いたら、可能と言われました。で、魚の養殖部門から獣医部門に急きょ変更して、受験しました。で、友人Iと自分は合格しました。勤務地はザンビアの大学で、獣医学部を支援をするというものでした。そして、東京で面接があり、語学訓練などがあると聞きました。自分はアレルギー性鼻炎だから、耳鼻科に通院できるか聞いたところ...

人生色々と(6)ー学生(6)

次は、自分と同じくアクアライフ創刊号からの愛読者の友人Sと水族館の就職試験を受けることにしました。試験会場は大学とは離れた地域だったので、宿泊が必要だったのですが、うまい具合に友人Sの親戚が住んでいる地域でした。ホテルに宿泊するのも費用がかかるので、友人Sと一緒に友人Sの親戚の家に宿泊させてもらう事になりました。親戚の人は、芸能人との会合があるとのことで、その日は忙しく、家にいないとのことでした。...

人生色々と(7)ー学生(7)

そして、試験官が「今から1人ずつプールを1周して、潜ってプールの底にタッチしてもらいます。」と指差したプールにはシャチが泳いでいました。突然、シャチと泳ぐことになったので、、友人Sと顔を見合わせてびっくりしていました。そして、着替えて泳ぐことになりました。海水パンツは大きめだったので、紐をきつめに縛りました。まずは、自分から泳ぐことになりました。プールに近づきシャチを刺激しないように、そっとプール...

人生色々と(8)ー学生(8)

なんと、そこには友人Sがいました。友人Sは数日前に車の事故で、入院したとのことでした。まだ国家試験に合格していないので、水族館獣医にはなっていませんでいたが、「水族館獣医が、2人とも入院とは、すごい確立だ。」と友人Sと笑いました。ちなみに、動物園獣医は、昔も今も沢山いますが、水族館獣医は、現在も多くはありません。ましてや、当時の日本には、水族館獣医は10人もいませんでした。そして、2人ともしばらく...

人生色々と(9)ー学生(9)

勉強時間が少ないので、全範囲を勉強するのは困難なので、試験問題を考える試験官になったつもりで、2人で知恵を出し合って、ポイントを絞って勉強しました。でも、2人とも国家試験の少し前まで入院していたので、本当のところはあきらめが入っていました。ところが、ポイントが見事に当り、なんとか2人とも合格しました。その後、友人Sはショーのある水族館に勤務したのですが、体を壊してしまいました。その為、ショーの無い...

人生色々と(10)ー水族館(1)

国家試験の合格を、松島水族館に連絡したところ、「緊急にしてもらいたいことがあります。住む所も探しておいたので、すぐに来て下さい。」と言われました。荷物もあまり無かったので、連絡したその日に引越し手続きをしました。そして、数日後には、松島水族館で勤務していましました。そのため、卒業式には参加できませんでした。ちなみに、卒業式と言えば、高校の卒業式は朝寝坊して、参加できませんでした。水族館での緊急業務...

人生色々と(11)ー水族館(2)

その水族館獣医は、「何故電話だけで、貴重な情報を教えなければいけないのか?正式な文書での依頼しか受けない。依頼文書が来た時点で、回答できるかを判断して、文書で回答する。」と言われました。全くその通りでしたが、「瀕死のイルカがいるので、緊急で知りたい情報なのですが…」と言っても、「まずは、依頼文書で…」との一点張りでした。でも、文書では間に合わないと思い、以前アメリカのシーワールド サンディエゴに、勤...

人生色々と(12)ー動物園(1)

水族館・動物園勤務の10年近く経験した野生動物獣医学は、日本初、世界でも稀というような発見もあり、面白く興味深い経験をして来ました。松島水族館では、初めて獣医だったので、手さぐりで一人で獣医業をしていました。動物園では、上司にK獣医がいて、2人体制でした。でも、K獣医は、管理職になっていたので、飼育係全体の管理と獣医業務が担当だったので、獣医業専門の現場は1人で、獣医は計2人でした。ちなみに、現在の...

人生色々と(14)ー動物園(3)

3月に何の前触れもない保健所への人事異動の文書が来ました。後で分かったのですが、新人獣医だと、複雑な役所の事務仕事があるので、保健所のプロジェクトをさせるには、荷が重いとの理由でした。でも、自分は、事務仕事はものすごく苦手分野でしたが…。その時は、数ヵ月後に秋田市で開催される予定だった関東・東北の動物園・水族館の研究発表会の準備をしている最中でした。その為、朝から夜遅くまで、ものすごく忙しかったの...

人生色々と(15)ー動物園(4)

その時は、「ゾウの薬物動態」の研究発表をする準備をしていました。それは、ゾウに薬物を投与する時に、動物園により、体重当りで計算する所もあれば、体表面積で計算する所もあり、一定ではありませんでした。その為、体重を指標として投与量を決定する方が良いのか、体表面積を指標とする外挿で投与量を決定する方が良いのかを、体に害のない色々な薬物を投与した時の血中濃度と代謝を検査して、比べてみようと考えました。そし...

人生色々と(16)ー保健所(1)

保健所に異動して、しばらくは、自分が日本で初めて見つけた病気やペンギンの採血は少し練習が必要なので、その方法とコツについてなど…色々な質問が、何回か全国の動物園・水族館から、保健所に電話が来ました。でも、資料は全て動物園に置いてきたし、保健所以外の事を考える余裕も無い位、ものすごく忙しかったので、動物園に電話して下さいと話をしました。その後は、保健所業務に没頭しました。新しく出来た秋田市の保健所の...

人生色々と(17)ー保健所(2)

しばらく増員しなかったので、獣医師の数は官僚が決めたのに、労働基準法など無視した残業に次ぐ残業で、夜中の0時を越えた事も沢山あったので、フラフラになりながら仕事をしていました。本当に保健所の獣医師の人数を計算したのか?業務内容を知っているのか?地方には仕事が少ないと思っているのか?ただ単に数合わせしたのではないのか?計算が出来るのか?計算間違いしていないか?他の事で忙しくて、適当に計算したのでは…...

人生色々と(18)ー保健所(3)

色々な原因が考えられましたが、もし、本気で本当に計算したのなら、その人達はその能力が無いので、そのままにしておくと、今後も他人に迷惑がかかるので、別の業務をするべきだと、ものすごく強く思いました。国内の事だけでこんなに馬鹿な結果になるので、他の部署も国が同じ基準で採用しているとしたら…、怖いし危ない。この基準で外交関係人事も、決定されていたとしたら、外国は弱い所を見つけてきて、外圧をかけてくるので...