FC2ブログ

記事一覧

人生色々と(16)ー保健所(1)

保健所に異動して、しばらくは、自分が日本で初めて見つけた病気やペンギンの採血は少し練習が必要なので、その方法とコツについてなど…色々な質問が、何回か全国の動物園・水族館から、保健所に電話が来ました。でも、資料は全て動物園に置いてきたし、保健所以外の事を考える余裕も無い位、ものすごく忙しかったので、動物園に電話して下さいと話をしました。その後は、保健所業務に没頭しました。新しく出来た秋田市の保健所の...

続きを読む

人生色々と(17)ー保健所(2)

しばらく増員しなかったので、獣医師の数は官僚が決めたのに、労働基準法など無視した残業に次ぐ残業で、夜中の0時を越えた事も沢山あったので、フラフラになりながら仕事をしていました。本当に保健所の獣医師の人数を計算したのか?業務内容を知っているのか?地方には仕事が少ないと思っているのか?ただ単に数合わせしたのではないのか?計算が出来るのか?計算間違いしていないか?他の事で忙しくて、適当に計算したのでは…...

続きを読む

人生色々と(18)ー保健所(3)

色々な原因が考えられましたが、もし、本気で本当に計算したのなら、その人達はその能力が無いので、そのままにしておくと、今後も他人に迷惑がかかるので、別の業務をするべきだと、ものすごく強く思いました。国内の事だけでこんなに馬鹿な結果になるので、他の部署も国が同じ基準で採用しているとしたら…、怖いし危ない。この基準で外交関係人事も、決定されていたとしたら、外国は弱い所を見つけてきて、外圧をかけてくるので...

続きを読む

人生色々と(19)ー保健所(3)

現在は時間が無くて出来ませんが、秋田市のダイビングショップで、ダイバーの許可証を取得していたので、時々気分転換の為、秋田の男鹿でダイビングをしていました。男鹿の海も、日本海特有の風景があり、イシダイやタイなどがいて、また中性浮力も気分が良く、ダイビングは楽しかったです。沖縄に住んでいる時も、勿論ダイビングはしていました。でも、保健所の業務をするようになると、あまりに残業が多くて、ダイビングをする気...

続きを読む

人生色々と(20)ー保健所(4)

頭の固い官僚との戦いは、ものすごく苦労しましたが、なんとか保健所の獣医師の定員数を増やしました。この一連の業務は、ものすごく困難で、新人獣医師がその業務をしていたら、石頭官僚の言われるまま、今も獣医師1人で、保健所業務をしていたかもしれません。保健所の残業で、ものすごく疲れたので、すぐに辞めようと思いました。でも、獣医師が1人なので、自分が辞めたら0人になり、大混乱になると考えられたので、保健所獣...

続きを読む

人生色々と(21)ー保健所(5)

保健所業務は、法律に則って仕事をするのですが、その解釈が個人の考え方により異なる事があります。大きな事項なら業務内容に変化は無いのですが、微妙な事項では、ほんの少しですが、業務が変わってくるので、その考え方は大切です。昔から行っている業務ならベテラン職員に聞くのですが、当然、全員新人でした。県から、法律解釈などは、県の事例を参考にするようにと、指示があったので、分からない事がある時は、秋田県庁に聞...

続きを読む

人生色々と(22)ー保健所(6)

各自治体により法律解釈が異なる事があるし、市と県は別の組織なので、県の意見は参考にするが、100%同じにする必要はないと考えました。日常の保健所業務をしながらなので、一々、県に聞いている時間的余裕も無かったので、基本的な所は県を見習いましたが、微妙な所は自分達で、その場その場で決めていきました。上司Aは、元は市民病院の薬剤師でした。優秀で理解があり、前例に縛られる事がなく、理由のない古い習慣に惑わ...

続きを読む

人生色々と(30)ー保健所(7)

保健所勤務をして、しばらくたった頃、市上層部から「どこか良い所の施設を、視察をしては?申請すれば出張させる。」と話がありました。「何処でも良いですか?」と聞くと、良いとの事でした。以前、動物園の園長や係長が視察で、何故か中国、モンゴル等の外国に、数回出張した事があったので、海外でも大丈夫だと思い、市民の貴重な税金を使って行くので、ただ単に行くだけではなく、将来の秋田市に役に立つように動物愛護の先進...

続きを読む

人生色々と(31)ー保健所(8)

ドイツにある動物保護施設「ティアハイム」は、ヨーロッパでも最大の規模で、16ヘクタールもあり、年間12000頭もの動物が、保護されているそうです。建設費は約42億円で、寄付金と一般会員からの会費で、運営されているそうです。1日に約155万円の経費がかかり、120人もの職員が勤務し、動物医療設備も整っているそうです。捨てられたり虐待の疑いのある動物は、犬はもちろん、ハムスター等も保護され、施設の動物...

続きを読む

人生色々と(32)ー保健所(9)

ちなみに、ドイツの動物愛護法は、ナチスのヒトラーが、愛犬家だったせいもあるかもしれませんが、ナチスが制定したそうです。でも、目的は動物愛護ではなく、ユダヤ人を虐待するために作ったそうです。ユダヤ教の儀式を行う時、動物の屠殺は欠かすことが出来ないそうです。そして、その屠殺の時、麻酔は使ってはいけないという、宗教上の決まりがあります。ナチスはこれを否定し、ユダヤ人を逮捕するために、「屠殺するときは麻酔...

続きを読む

人生色々と(33)ー保健所(10)

結局、保健所の視察では、外国に行った前例がないということで、許可されませんでした。「前例にとらわれているとダメだ。秋田市に必要な事にお金をかけるべきだ。動物愛護の先端国の外国に行かせる位の度量がないと、良い仕事は出来ない。」とさらに粘っていると、「外国はダメだが、国内なら何処でも良い。」と言ったので、「それなら、前から行きたかった与論、奄美、あるいは沖縄か小笠原諸島なら行きたいです。それ以外の所は...

続きを読む

人生色々と(34)ー保健所(11)

施設を造るとなると、税金も沢山使う事になったので、自分がドイツに行けなかったのは、市役所的には正解だった気はします。現在、税金を支払う時に思うことは、公費の無駄使いをせず、市民の為になる事を優先順位に考えて、働いて欲しいです。ただ、公務員時代は、より良い仕事をする事だけを考えていたので、あまり、お金の事は考えていなかったかも、知れません。…反省しています。しばらく保健所の仕事をして、色々な経験も出...

続きを読む

人生色々と(35)ー保健所(12)

じっと座っていると、いつの間にか、寝ている事に気が付きました。動物園勤務時代は、ほとんど立って仕事をしたり、園内を歩いて巡回していたので、資料を読む時とまとめる時以外は、座って長時間仕事というのが、ほとんどありませんでした。だから、事務仕事をする為に椅子に座ると、自然と眠たくなりました。特に昼御飯後は、指で眼を開けて抵抗しても、いつの間にか睡魔が襲ってきました。眠気覚ましに、元気な歌を歌っても、不...

続きを読む

人生色々と(36)ー保健所(13)

年配の御夫人が、「近所で猫を放飼いにする人がいる。自分の庭に勝手に入ってきて、自分の車の上で寝ていた事もある。だいたい、猫は見るのも嫌いだし、放飼いにしている家は分かるので、取締りをして欲しい。」と言われました。「狂犬病予防法に基づいて、犬の放飼いは取締まれますが、猫の放飼いについては、そのような法律はないので、放飼いすると困る人がいるので、やめてくださいと言う事くらいなら出来ますが…。あるいは、...

続きを読む

人生色々と(37)ー保健所(14)

「猫の病気が、人に感染したら、保健所は、どう責任を取るんだ?公務員は、自分たちが支払った高い税金で、生かしてもらっているんだから、市民のために、ちゃんと仕事しろ!舐めるんじゃねーぞ。」と秋田弁で言われて、年配の御夫人から、にらまれました。どのように舐めたのかは不明ですが、今どきの若い男性でも、滅多に使わないような乱暴な言葉を言ったのが、普通の年配の御夫人だったので、ビックリしました。大学に入学する...

続きを読む

人生色々と(38)ー保健所(15)

この人は、普通に、日常会話として、使っているんだ…と感心しました。ちなみに、この後、この主婦以外にも、最近も秋田市内で、複数の普通の主婦が、標準語バージョンやや訛りバージョンの「舐めるんじゃねーぞ。」と言うのを、数回聞いているので、もしかすると、一部の地域では方言、あるいは、家族や親戚間での暗号や挨拶、あるいは、暴力系のの映画、TV、マンガを見すぎて、影響を受けて、都会ではその言葉を普通に使ってい...

続きを読む

人生色々と(39)ー保健所(16)

分別があるはずの大人が、そのような言葉を使うという事は、情けないし、そのままにしておくことはいけないと考えました。そのような人を、そのままにしておくと、乱暴な言葉を使う人が多くなり、やがては、秋田の将来が暗くなると考えました。学力テストの高い秋田なのに、もったいない。関係ない人なら、そのままにしておいても良いのですが、そこは、秋田市役所…。秋田市民から、沢山の税金をもらって仕事をしています。だから...

続きを読む

人生色々と(40)ー保健所(17)

方言や暗号、挨拶として、気軽に使用しているかもしれませんが、そのままにしておくと、他県の人に、秋田市民の品格・知的レベルが疑われます。その為、それ以後は、乱暴な言葉使いの苦情者が来たら、「苦情内容を言う前に、まずは、こっちの言う事を聞いて下さい。」と言って、苦情内容の話ではなく、分別がある人間なら、当然分かっているはずの、人に頼む時の最低限の言葉使いやマナーの話をしました。(続く)...

続きを読む

人生色々と(41)ー保健所(18)

乱暴な言葉使いをやめるまで話したので、かなり苦労しました。市役所で、外部団体から来た優秀な講師による、話し方の研修を何回も受けてきたので、沢山の資料がありました。その時は、秋田市民の為、そして、研修の成果を発揮するのは、今でしょう…と考え、秋田市民レベル向上の使命に、ものすごく燃えました。(続く)...

続きを読む

人生色々と(42)ー保健所(19)

乱暴な言葉を使う苦情者には、大抵は1時間から数時間、ある時は、何日も延々とマナーの話をしたので、苦情者が苦情内容を忘れてしまったり、苦情者が疲れてしまって、気力が無くなり、苦情を取り下げることもありました。相手の電話番号を聞いてから、話を始めていたので、相手が電話を切っても、言葉使いが治らない場合は、電話をかけ直しました。動物園勤務の時は、動物についての教育普及活動を熱心にしていました。で、今回は...

続きを読む

人生色々と(43)ー保健所(20)

ある時、やっと言葉遣いが良くなってきた苦情者に、「長い時間がかかりましたが、別人の様に言葉使いが良くなりましたね。今後も言葉使いには注意した方が良いですよ。では、苦情内容を話してください。」と言うと、「今後、言葉遣いには気をつけますので、許してください。今回の苦情は無かった事にして下さい。お騒がせして、本当に申しわけございませんでした。」と、日本語教室の成果が出たらしく、素晴らしくきれいな日本語で...

続きを読む

人生色々と(44)ー保健所(21)

保健所では、食中毒調査や食品の苦情処理も行います。お医者さんが、食中毒の疑いがある患者を診察した場合、保健所に連絡する事になっています。ある時、ケーキを食べて、沢山の人が入院、治療しているので、食中毒ではないかとの連絡が入りました。そのため、その疑いのあるケーキを、調査するため、ケーキ屋さんに行きました。すると、「食中毒の原因は、100%自分の所で作っているケーキではない。」と言い張る若い従業員が...

続きを読む

人生色々と(45)ー保健所(22)

従業員は回収したケーキを、目にも止まらないくらいのスピードで、1つ取り出して食べました。その結果…、食中毒の患者数が1名増えました。食中毒が出た場合、交通事故と同じく、保険診療ではなくなるので、実費となり、医療費が高くなります。軽はずみな行動はやめた方が、良いと思いました。(続く)...

続きを読む

人生色々と(46)ー保健所(23)

色々な食堂施設を調査したことがありますが、見たくなかったと思うような施設も何か所かありました。ある時、食中毒疑いの高い施設が、ありました。でも、経営者は、言葉づかいも乱暴で、大きな声で怒鳴って、非協力的で高飛車な態度に出ていました。調理する時に、手は洗っていないし、改善すべき点が沢山ある非衛生的な施設でした。段々と、その施設が原因となっている事が判明し、患者数が増えていきました。そして、経営者に、...

続きを読む

人生色々と(47)ー保健所(24)

急に経営者は、態度を改めて、ものすごく協力的になり、「何でもお手伝いするし、言う事を聞きますから、患者をこれ以上増やさないで下さい。今までの態度を反省しますので、お願いします。」と言葉遣いが、急に丁寧な言葉になり、今まで、耳をふさぎたくなる位の怒鳴り声だったのに、段々と、よく聞かないと、聞こえないくらいの声になりました。かなりの高額医療費になったみたいで、「これから、どうしたら、よろしいのでしょう...

続きを読む

人生色々と(48)ー保健所(25)

ある時、お店で購入したおにぎりを食べたたら、人間の歯が入っていたので、非衛生的だし、おにぎりをつくった所に、罰を与えて欲しいと苦情が来ました。その人の家に行き、その歯を預かり、おにぎり業者に行きました。色々と調べたのですが、調理中は、マスクをしているし、従業員教育が行き届いていて、おにぎりに異物が入るという経路が、見つかりませんでした。その経緯を苦情者に話しましたが、どうしても納得がいかないので、...

続きを読む

人生色々と(49)ー保健所(26)

口臭が気になったので、念のため、苦情者のかかりつけの歯医者を、教えてもらいました。そして、歯医者に行き、その歯を苦情者のレントゲンと合わせるとなんと、びっくり…。ピタリ歯型が合いました。そして、その結果を持って、苦情者に報告に行きました。その結果、苦情者は、謝罪はしませんでしたが、裁判の話は、しなくなりました。(続く)...

続きを読む

人生色々と(50)ー保健所(27)

ある時、報道関係から、「新しくできた保健所の職員が、頑張っている姿を取材したい。」と、連絡が来ました。多分、新しくできた保健所で、一生懸命働いている所を、取材したかったと思います。最初は断ったのですが、どうしてもと言うので、取材を受ける事にしました。でも…(続く)...

続きを読む

人生色々と(51)ー保健所(28)

嘘をつきたくなかったので、取材を受けた時、自分は、思っていた事しか言えませんでした。「バカ役人が考えたシステムのおかげで、残業がものすごく増えた。残業代が増えて、預金が増えるのは良いが、このまま保健所にいたら、過労死してしまう。だから、ずっと保健所で働く気はない。国の役人は、優秀な人かと思っていましたが、どうやら違うと感じるようになりました。このままいくと、秋田市どころか、日本の国は危ない。」と答...

続きを読む

人生色々と(52)ー保健所(29)

昨年、福島県警捜査2課の警部(51)と警視(52)が、自殺した問題で、県警は、清野隆行・捜査2課長(45)のパワハラが一因だったと発表しました。清野課長は2013ー2014年に、文書の決裁を求める年上の警部らに対して、「小学生みたいな文章を作るな。」「国語は習ってきたのか?」「書類も書けないんだから外に出るな。」「おまえは係長以下だ」」などと言って何度も書き直させるなど、日常的に人格を否定するよう...

続きを読む

ランキング

下のマークをクリックすると、               

ジャンルランキング

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン
福岡生まれで、
大阪育ち。

長年、
水族館、動物園に
獣医として勤務。

短期間だが、
犬猫行政、
食品衛生業務も勤務し、

その間、
犬猫のしつけを勉強。

その後、長年、
沖縄、東北等の
動物病院で勤務。

現在、秋田市で
アズ動物病院を開院。

先祖は、福岡の
猫尾城主をしていました。

水族館、動物園、犬猫行政、
食品衛生業務、勤務医、
開業を経験し、
先祖が殿様という獣医は、
珍しいかもしれません。

詳しいことは動物病院HPで。

題名のとおり色んな事を
書いていく予定です。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、リンクはフリーですが、
リンクした場合、
知らせてもらえれば、
嬉しいです。

古い順から並んでいるので、

最新記事は、
右のサイドバーの
一番上にあります。