FC2ブログ

記事一覧

人生色々と(68)ー保健所(45)-動物病院(1)

そして、公務員を退職して、適当な人事異動が無く、獣医学が一生出来る動物病院に、転職する事にしました。そして、秋田市内の動物病院で、基本から応用までの獣医学について、詳しく教えてもらいました。その時、院長から「どんな事も基本が大切。基本が出来ていたら何でも応用できる。」と教えてもらいました。また、「手術は、自分の全エネルギーを、集中させて行う事。」等など、小動物獣医学全般を教えてもらいました。しばら...

続きを読む

人生色々と(69)ー動物病院(2)

近畿地方の有名なS動物病院の時は、2日間の研修付き面接試験でした。そして、試験を受けに行きました。院長も気さくで優しく、数人いた勤務医も良い人たちで、看護婦さんも優しく、雰囲気の良い動物病院でした。1日見学した後、院長室に呼ばれて、面接を受けました。色々話した後、院長が、「勤務したければ、良いよ。ここで3年勤務したら、何回でも、アメリカとかに長期の海外研修に行かしてあげるよ。残念ながら今日は、副院...

続きを読む

人生色々と(70)ー動物病院(3)

次の日の午前中も見学させてもらいました。和やかな雰囲気の副院長のO獣医も来て、他の勤務医たちも丁寧に診察していました。沢山の患者さんが来院して、忙しく、あっという間に昼休みになり、午前の診察が終了しました。そして、休憩室に行きました。すると…、(続く)...

続きを読む

人生色々と(71)-動物病院(4)

和やかな雰囲気だった診察時とは180度違って、突然、冷たい雰囲気になった副院長のO獣医が、「今まで何処で勤務して来た?」とぶっきらぼうに聞いてきました。「水族館と動物園で10年近く勤務してきました。」と答えました。すると、「フン、野生動物か。小動物獣医学は、野生動物獣医学と違い、かなり進んでいるぞ。そのギャップはかなりきついぞ。日本の水族館や動物園の獣医の知り合いがいるが、アカデミックでは、ない世...

続きを読む

人生色々と(73)-動物病院(5)

副院長様のO獣医様様は、「どこの大学の出身か?」と聞いてこられました。「北里大学です。」とお答えすると、出身大学を聞いていないのに、「フン、私立か…。自分は国立のK大学だ。ここのレベルはかなり高いぞ。勤務するなら、それなりの学歴と教養が必要だ。」とおっしゃりました。確かに有名なS病院。数人いる獣医師は、1人を除いて国公立大学らしい。(続く)...

続きを読む

人生色々と(74)-動物病院(6)

「でも、院長は私立では?」とお聞きすると、副院長様のO獣医様様は、自信たっぷりに、「だから、俺が院長に獣医学を教えている。」と、仰せられました。確かに、院長は、診察時間中は院長室から出て来なくて、副院長様のO獣医様様が病院を、お仕切りに、なられていました。そして、「俺は、〇×の専門医だ。」と仰せになりました。それは、口が達者な動物関係の偉そうな、上から目線の素人集団のDA団体と似ていて、自分は偉い...

続きを読む

人生色々と(75)-動物病院(7)

そして、副院長様の専門医様のO獣医様様が「もうすぐ海外研修に行くから、今から英語のみの会話にする。」と仰せになられました。「えっ?日本語をしゃべってはダメなのですか?」と母国語の日本語で、副院長様の専門医様のO獣医様様様に、お聞きしたのですが、全く無視されました。お聞きになっていないのではないか?と思い、「英語のみで会話するのですか?」と再び、ゆっくりと母国語で、副院長様の専門医様のO獣医様様様の...

続きを読む

人生色々と(76)-動物病院(8)

日本語タイムになった時、副院長様の専門医様のO獣医様様様に、「診察時とオフの時の雰囲気が違いますね。」というと、副院長様の専門医様のO獣医様様様は、「当たり前だ。それがプロだ。」と仰せになりました。上から目線と言うと、一般人素人のある動物関係の団体を思い出しますが、日本は広い…、獣医師の中にも、上から目線の人はいる。今まで、優しくて素晴らしくて良い獣医さんたちしか、見た事が無かったので、エリート意...

続きを読む

人生色々と(77)-動物病院(9)

そして、次は優しい雰囲気の動物病院を探しました。すると、うまい具合にある地方の「やさしさのある心のこもった診察」を、看板にしているN動物病院が、獣医師を緊急募集していました。電話で聞くと、研修はなく、面接試験だけと言われたので、前回のこともあったので、1日位の面接では、休みの人もいるので雰囲気などは分からないと思い、研修を数日間させてもらうように頼んで、数日間の研修付き面接試験を受けました。(続く...

続きを読む

人生色々と(78)-動物病院(10)

初日の朝、開院前に挨拶に行くと、病院は開いていましたが、誰もいませんでした。誰か来るまで待とうと思い、待合室の長椅子を見ると、何か臭い臭いのする汚れた毛布が、置いてありました。その毛布をよけて座ろうとしたら、その中に無精ひげの生えた男の人が、寝ていました。びっくりしていると、その病院の勤務医で、徹夜をしたとのことでした。その病院は、「朝から夜中まで診察する。」というのも売りでしたが、数ヶ月前に数人...

続きを読む

人生色々と(79)-動物病院(11)

聞くとしばらく家に帰ってなく、タオルで体を拭くぐらいで、シャワーやフロにも入っていないとのことでした。「凄いですね。」と言うと、その勤務医は、「院長は手術が上手く勉強にはなるが、 体を壊すかもしれない程ハードだ。まだ体を壊してしていないが、体が悪くなったら辞める。」と言いました。もし、ここで勤務することになり、その勤務医が辞めたら、その立場になる…自分の体力では無理な気がしました。そして、休憩室に...

続きを読む

人生色々と(80)-動物病院(12)

患者さんがいない時は、何故か常に怒っていました。その為、病院内は常にピリピリしていました。看護婦さんに聞くと、診察時間以外は、いつも機嫌が悪いと言っていました。看護婦さんや事務員さんは、いつも院長に怒られて、泣いて早退していたので、面接研修期間中、看護婦さんや事務員さんが正規の勤務時間まで、勤務した事はありませんでした。以前、院長のお弁当の注文を聞き忘れて、その場でクビになった看護婦さんもいたそう...

続きを読む

人生色々と(81)-動物病院(13)

何とそこで、例のN動物病院を、数ヶ月前に辞めた獣医さんが、勤務していました。でも、その獣医さんは、何かに怯えるように、常にびくついていました。その獣医さんの後ろに行くと、ピクッとして、すぐに振返りました。そして、その獣医さんは、動物病院内で食べるのは、緊張すると言って、昼ごはんは1人で、動物病院の駐車場に行き、食べていました。聞くと雨が降っても毎日、駐車場で昼ごはんを食べているそうでした。その獣医...

続きを読む

人生色々と(82)-動物病院(14)

動物病院を色々見学しましたが、酒酔いの臭いを消すためのマスクをしてタバコを吸い、ビールを飲みながら診察する所。院長の小型犬が院内を自由に走り回り、自由に糞尿をしたり、人の足を咬む犬だったので、院長が患者さんに「糞とか尿を踏むなよ!」「咬まれない様にさっと帰れ!」と言うようなアットホーム?的な所。飼主の事を聞かないで、獣医師先導で診察治療する所。そして、少し有名な動物病院での事ですが、そこの入院舎は...

続きを読む

人生色々と(88)-動物病院(20)

学生時代は、仕事をしたら試験は無いから良いと考えていました。でも、学生時代は試験日が決まっていましたが、むしろ、仕事をしている方が、毎日、試験を受けているようなものです。そして、親族の反対はありましたが、父親と妻が開業に同意して、手伝ってくれ、仙台の動物病院の院長も手助けと開業しなさいと背中を押してくれたので、秋田市で動物病院を開院する事が出来ました。本当に感謝しています。でも、開業すると、獣医学...

続きを読む

人生色々と(93)-動物病院(25)

水族館、動物園、動物病院で、教えてもらった事を念頭に置き、動物園勤務時代に考えた「コミュニケーション概念」の動物と人間の橋渡しを基本に、獣医業に専念して、基本を大切にし、調和の取れた、人と動物に優しい診察治療と、謙虚な心で、ぬちぐすい的な動物病院を目指しますので、よろしくお願いします。ただし、一度しかない人生なので、悔いの無い様、体も大切にして、飼主様と伴侶動物と動物病院スタッフの全員にとって「ぬ...

続きを読む

ランキング

下のマークをクリックすると、               

ジャンルランキング

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン
福岡生まれで、
大阪育ち。

長年、
水族館、動物園に
獣医として勤務。

短期間だが、
犬猫行政、
食品衛生業務も勤務し、

その間、
犬猫のしつけを勉強。

その後、長年、
沖縄、東北等の
動物病院で勤務。

現在、秋田市で
アズ動物病院を開院。

先祖は、福岡の
猫尾城主をしていました。

水族館、動物園、犬猫行政、
食品衛生業務、勤務医、
開業を経験し、
先祖が殿様という獣医は、
珍しいかもしれません。

詳しいことは動物病院HPで。

題名のとおり色んな事を
書いていく予定です。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、リンクはフリーですが、
リンクした場合、
知らせてもらえれば、
嬉しいです。

古い順から並んでいるので、

最新記事は、
右のサイドバーの
一番上にあります。