FC2ブログ

記事一覧

人生色々と(10)ー水族館(1)

国家試験の合格を、松島水族館に連絡したところ、「緊急にしてもらいたいことがあります。住む所も探しておいたので、すぐに来て下さい。」と言われました。荷物もあまり無かったので、連絡したその日に引越し手続きをしました。そして、数日後には、松島水族館で勤務していましました。そのため、卒業式には参加できませんでした。ちなみに、卒業式と言えば、高校の卒業式は朝寝坊して、参加できませんでした。水族館での緊急業務...

続きを読む

人生色々と(11)ー水族館(2)

その水族館獣医は、「何故電話だけで、貴重な情報を教えなければいけないのか?正式な文書での依頼しか受けない。依頼文書が来た時点で、回答できるかを判断して、文書で回答する。」と言われました。全くその通りでしたが、「瀕死のイルカがいるので、緊急で知りたい情報なのですが…」と言っても、「まずは、依頼文書で…」との一点張りでした。でも、文書では間に合わないと思い、以前アメリカのシーワールド サンディエゴに、勤...

続きを読む

人生色々と(12)ー動物園(1)

水族館・動物園勤務の10年近く経験した野生動物獣医学は、日本初、世界でも稀というような発見もあり、面白く興味深い経験をして来ました。松島水族館では、初めて獣医だったので、手さぐりで一人で獣医業をしていました。動物園では、上司にK獣医がいて、2人体制でした。でも、K獣医は、管理職になっていたので、飼育係全体の管理と獣医業務が担当だったので、獣医は計2人ですが、獣医業専門の現場は1人でした。ちなみに、現...

続きを読む

人生色々と(13)ー動物園(2)

ゾウ、キリンが来るという事で、動物病院で使える薬の予算を、市役所の予算を決定する時に、交渉して増額してもらいました。その時、交渉するのが大変と感じたので、自分が住んでいる所の近所に市長公舎があったので、将来の動物園運営についての話を通しやすくする為に、何度もお邪魔して、色々な話をさせてもらっていました。ゾウ、キリンが来る時の話など、色々な話がありますが、気が向いたときに…でもある時、勤務する秋田市...

続きを読む

人生色々と(14)ー動物園(3)

3月に何の前触れもない保健所への人事異動の文書が来ました。後で分かったのですが、新人獣医だと、複雑な役所の事務仕事があるので、保健所のプロジェクトをさせるには、荷が重いとの理由でした。でも、自分は、事務仕事はものすごく苦手分野でしたが…。その時は、数ヵ月後に秋田市で開催される予定だった関東・東北の動物園・水族館の研究発表会の準備をしている最中でした。その為、朝から夜遅くまで、ものすごく忙しかったの...

続きを読む

人生色々と(15)ー動物園(4)

その時は、「ゾウの薬物動態」の研究発表をする準備をしていました。それは、ゾウに薬物を投与する時に、動物園により、体重当りで計算する所もあれば、体表面積で計算する所もあり、一定ではありませんでした。その為、体重を指標として投与量を決定する方が良いのか、体表面積を指標とする外挿で投与量を決定する方が良いのかを、体に害のない色々な薬物を投与した時の血中濃度と代謝を検査して、比べてみようと考えました。そし...

続きを読む

人生色々と(23)ー動物園(5)

元々、理由が無く、納得がいかない古くからの慣習や前例に、とらわれたくないという考えでした。動物園勤務時代の園長は、自分とは全く反対の考え方をしていて、古くからの慣習がとっても大好きで、前例が無い事はものすごく嫌いな人でした。だから、よく自分と園長は意見を戦わしていました。ある時、自分が冬の観察会を、企画担当することになりました。自分が担当する前まで、動物園の観察会は、短大以上の学歴のある人だけが、...

続きを読む

人生色々と(24)ー動物園(6)

園長は、「前例がないので、今まで通り短大以上の学歴のある人が、しっかりとした説明をするべきだ。」と言って、高卒の飼育係が説明するのに反対しました。飼育係も、大勢の前で話した事がなかったので、どのように話したらいいか分からないし、変な話をして笑われると、しょしい(=秋田弁で恥ずかしいの意味)ので、今までどおり、学歴のある人が話すべきだ、という人もいました。でも、「市民はどんなことでも飼育係の生の声を...

続きを読む

人生色々と(25)ー動物園(7)

園長は学歴を重視し、納得しませんでした。どうしても、飼育係の話を聞いてもらいたかったので、園長の反対を押切ってやる事にしました。飼育係はどのような話をしようかと、標本を使ったり絵を書いたりして、色々工夫しながら準備してくれました。開催日が近づくにつれ、園長は、益々ムカムカして、機嫌が悪くなりました。でも、園長の気分とは反対に、来た人がわくわくするような物にしたいと考え、「冬のわくわく観察会」と名付...

続きを読む

人生色々と(26)ー動物園(8)

突然、話は飛びますが、園長に感謝している事もあります。動物園に就職する前に、オーストラリア、ニュージーランド、ボルネオ島には野生の動物を、見に行った事はありますが、ある時、肝心の野生の王国 アフリカに、行った事が無い事に気が付きました。愛読書のアクアライフなどで、熱帯魚が生息する現地に行き、植生や気温、水のPHを調査し、飼育に生かすという記事をよく読みますが、それと同じく、アフリカの動物のゾウ、キ...

続きを読む

人生色々と(27)ー動物園(9)

園長は、「今まで有料で行ってきたし、動物園はお金をもらって、運営していく所なので、前例が無いような事や、無料で色々な事を行うのはダメだ!標本が壊れるような事もダメだ!標本も動物園の財産だ。」と言いました。そこで、「無料の方が観察会に参加しやすいし、色々な人が読みやすいように無料雑誌を配布することにより、動物園への理解が深まるし、標本は壊れるかもしれないが、飾るだけより有効利用できる。そうしているう...

続きを読む

人生色々と(28)ー動物園(10)

再びそれを押切って、展示物を有効利用する事にしました。動物の頭骨を自由に触れて、雨に当っても標本が劣化しないようなケースを、業者に頼んで作製し、食性により歯の形が違う事を、触ってもらって感じてもらったり、動物舎前に手作りの解説書をつけたりしました。そして、トナカイは、オスもメスも頭に角をつけています。特にオスの角は、左右あわせて3-5kgもあり、毎年生え変わります。その角の重さを体験してもらう為に...

続きを読む

人生色々と(29)ー動物園(11)

現在は、自分が作った動物の頭骨などは、資料館のガラスケースに入れられて、自由には触れなくなってしまいました。多分、骨格標本が劣化した為と思いますが、自分が作製した骨格標本が、大切に保管されているので悪い気はしません。その上、動物園を辞めているので、新しく自分が作ることが出来ないので、それはそれで、良いと思いました。苦労して作製したネズミやトラ、豚、鳥など色々な動物の骨格標本があるので、動物園の資料...

続きを読む

人生色々と(72)ー水族館(3)-動物園(12)

水族館・動物園獣医は、獣医業だけやってればいいのでは、ありません。市民に対する教育普及活動も行ったり、水族館・動物園運営にも関わったりなど、業務は、多岐に渡ります。だから、獣医学だけではなく、動物の生態や飼育や展示方法についての、勉強も必要となります。ちなみに、日本動物園水族館協会が行う飼育技師資格認定試験というものがあり、動物飼育技師は動物園、水族飼育技師は水族館に働く際の知識、内容は、動物の知...

続きを読む

人生色々と(89)-動物病院(21)

松島水族館の先輩職員から言われた、「専門家は、専門知識だけでなく、文献の調べ方などを知る事。でも、もっと大切なのは、考え方。何事も考え方が、大切。」は、いつも心にあります。水族館時代に、お世話になった仙台の動物病院の院長から、教えてもらった、「開業心得」は、企業秘密ですが、大切にしています。仙台の八木山動物園のK獣医から教えてもらった、最新情報の大切さについては、常に気を付けています。大森山動物園...

続きを読む

ランキング

下のマークをクリックすると、               

ジャンルランキング

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン
福岡生まれで、
大阪育ち。

長年、
水族館、動物園に
獣医として勤務。

短期間だが、
犬猫行政、
食品衛生業務も勤務し、

その間、
犬猫のしつけを勉強。

その後、長年、
沖縄、東北等の
動物病院で勤務。

現在、秋田市で
アズ動物病院を開院。

先祖は、福岡の
猫尾城主をしていました。

水族館、動物園、犬猫行政、
食品衛生業務、勤務医、
開業を経験し、
先祖が殿様という獣医は、
珍しいかもしれません。

詳しいことは動物病院HPで。

題名のとおり色んな事を
書いていく予定です。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、リンクはフリーですが、
リンクした場合、
知らせてもらえれば、
嬉しいです。

古い順から並んでいるので、

最新記事は、
右のサイドバーの
一番上にあります。